ページの先頭

COMPANY

社  名
日本ヱボナイト株式会社  NIPPON EBONITE CO., LTD.
代表者
代表取締役会長  中村 一雄
代表取締役社長  加藤 章
本社及び営業部
所在地
〒144-0056
東京都大田区西六郷4丁目36番5号
→本社の地図を見る
TEL. 03-3731-2271
FAX. 03-3731-2274
佐野工場及び営業所
所在地
〒327-0847
栃木県佐野市天神町876番地
→佐野工場の地図を見る
TEL. 0283-22-4150
FAX. 0283-22-9728
資本金
5280万円
創  業
1919年(大正8年)9月
設  立
1929年(昭和4年)7月10日
従業員数
90名(2017年4月現在)
役  員
取締役     島 光一
取締役     安部 武博
監査役     中田 惠二

会社沿革沿革

1919年(大正 8年) 9月
日本エボナイト合資会社として創業、エボナイト、NECライト
(フェノール樹脂)の製造販売を開始。
1929年(昭和 4年) 7月
株式会社に改組、資本金15万円で発足。
1937年(昭和12年) 4月
資本金60万円に増資、三河島工場を拡張。
1938年(昭和13年) 2月
東京工場(蒲田)を新設、資本金120万円。
1943年(昭和18年) 6月
佐野工場を新設、資本金250万円。
1945年(昭和20年)10月
エボナイト電槽の製造販売を開始。
1952年(昭和27年) 5月
ヱバーライト管(温泉引き湯管)の製造開始。
1952年(昭和27年)10月
我が国初のボウリングボールの製造販売を開始。
1955年(昭和30年) 7月
電気用エボナイト板、棒のJIS表示工場に指定される。
1963年(昭和38年) 6月
ボウリングボールの対米輸出開始。
1973年(昭和48年) 1月
マスターバッチ練り加工開始。
1974年(昭和49年) 9月
日本水道協会資格により水道用各種パッキンの製造開始。
1978年(昭和53年) 3月
印刷機・事務機用ゴムロールの製造開始。
1978年(昭和53年)12月
樹脂の着色用マスターバッチ製造開始。
1982年(昭和57年)12月
ウレタン製ボウリングボールの生産開始。
1989年(平成元年) 4月
リアクティブウレタン製ボウリングボールを開発、販売開始。
2000年(平成12年) 6月
ボウリングボール用中玉工場を新築。
2004年(平成16年)12月
ウレタン新素材によるボウリングボールを開発。
2006年(平成18年)12月
新外皮素材によるボウリングボールを開発。

バナースペース

日本エボナイト株式会社

〒144-0056
東京都大田区西六郷4-36-5
TEL 03-3731-2271
FAX 03-3731-2274

佐野工場

〒327-0847
栃木県佐野市天神町876
TEL 0283-22-4150
FAX 0283-22-9728